プロペシア(AGA治療薬)の副作用について

プロペシアの副作用をきちんと理解しなければなりません。

というのは、いままでの民間療法から医薬品まで、さまざまな育毛剤がありましたが、まったく治療のメカニズムが違うからです。このプロペシアは徐々に男性型脱毛症のメカニズムが解明されてきたことにより、「飲む治療薬」として販売されてきました。これは、定期的にプロペシアを処方していれば、臨床データによるものですが徐々に進行を抑えるだけでなく、発毛がうながされたというデータが紹介されています。

この男性型脱毛症の効果が認められる医薬品は下記になります。男性型脱毛症は進行性ですから、早めに治療薬で対応すれば、それだけ進行を抑えることができます。髪の毛が徐々に減り、薄くなる前にプロペシアなどの治療薬で改善することがよいでしょう。ただし、プロペシアは医薬品です。もちろん、副作用もあります。ですから正しいプロペシアの処方をこころがけるようにしましょう。

■AGA(エージーエー:男性型脱毛症、壮年型脱毛症)の効能・効果が認められている主な医薬品

タイプ 主成分
のむタイプ  …フィナステリド
頭皮につけるタイプ  …塩化カルプロニウム/ミノキシジル

トップ > プロペシア副作用 > プロペシア(AGA治療薬)の副作用について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。